FC2ブログ

他人の言葉を気にしない能力は大事

さっき自宅の電話がかかって来ました。
固定電話を設置したのは長男の就活のためで(大学から必須と言われた。実際は分かりません。)、現在固定電話にかけて来るのは次男の高校の先生か母のみ。
冬休みだし先生は無いので、まず母。
うんざりして出たら案の定、邪推やら言い訳やらの面倒くさい話でした。

私は母から電話がかかって来た際に今日は休みかと聞かれるのが大嫌いです。
休みなら何なのか、ゆっくりお喋り出来るわねという事かと思うと心底げんなりするからです。
私は勤め人の休日はまた元気に働けるために休息する日だと思っています。
貴重な休日をもらっていいのは配偶者や子供、もしくは当人にとって楽しいとか命の洗濯になるとかプラスになる相手だけじゃないのかな?

話の中で、実家のお金について姉が私を疑っているのよと言われました。
姉子に問い詰められていない?みたいな。
言われた事無いよと答えたら、自分の妹(私の叔母、故人)は人付き合いが凄く上手い子だった、悪い意味でよ。姉子は似た所があるのかも知れないわね。姉子は舅姑のいる家に嫁に入って苦労したからどうしてもそうなったんでしょうねと。
…………。
自分の娘をそんな風に言う?

母の話全般うんざりするものだったけれど、実家のお金について姉が私を疑っているという点は心にしこりとなって残りました。
聞いたやり取りがリアルで、実際そういう会話をしたんだろうなというのが分かったし。
電話を切ったら具合が悪くなって頓服を飲みました。
あんたの事を心配してるのよと言いつつ、お前が一番私の具合を悪くしているんだよ。

ただ、少し経って、母から聞いた話が原因でもやもやするのは止めようと思いました。
そういう会話があったのは事実なのでしょう。
でも正確なニュアンスは分からないし、お金というのがどういうお金の事を言っているのかもまた聞きでは分からない。
母が姉の言いたい事を正確に受け取ったかどうかも分からない。

どう言われたのかなぜ疑われたのか気にもなるし落ち込むけれど、努めて気にしない事にしました。
人から悪く言われたり思われたりすると全てが楽しめなくなってしまうけれど、気にしないのは難しい事だけど精神衛生上大事だと思います。

母は愛情深い母親のような顔をしているけれど、娘たちに女性として決して自分より幸せになって欲しくないタイプだと思うんですよね。
スポンサーサイト



違う姓のお墓の謎

昨日書き忘れたのですが。

自分のうちのお墓が何故か違う姓のお墓な事について、なんでだろう?と思いつつも特に両親に聞いてみた事はありませんでした。
父の埋葬について話している中で母が言っていたのですが、考えてみればあそこにこだわる必要はないわね、入っているのは知らない人なのよと。
「昔はそういう事があったのよ。」と。
どういう事なんだろう?戦争関連かな?(戦死ではない)
父の両親は商人で、お墓にも屋号のようなものが彫ってあったような。でも姓が違うのというのは屋号の事ではなく他人の姓なのです。
外国の姓で今のが通り名とかでもないです。
どうしてなのかな?

父死す・7終(納骨)

父が亡くなった話は納骨までを書こうと思っていたのですが(あとは単発で)、この調子だと年を越してしまう……。
ので、納骨の事を書きます。

ゆり山家のお墓は都内の古いお寺にあります。
行事をあまりしない家だったので、私はこのお墓には数える程しか行った事がありません。誰が埋葬されているのかも知りません。
漠然と、どちらも私が生まれる前に亡くなっている父の両親と、小さい頃に亡くなったという父のお兄さん、またもっと前のご先祖達が入っているのかなと思っていました。
周りのお墓に比べて物凄く小さく古い墓石にはなぜかゆり山家ではなく全然違う姓が彫ってあり、もし一人で来たら絶対見付けられないなと思った記憶があります。
年に一度お墓の管理費とお米を納め、お寺の修繕の際などには門徒へ一口百万などの寄付の呼び掛けがありました。

父は勿論として母も死んだらあのお墓に入るんだろうなと当然の様に思っていました。
多分姉もそうだったと思います。父が死んで、葬儀屋さんで出された書類に家のお墓としてそこのお寺を記入していたので。
でも、最低限の家族葬でと考えていた私たちに葬儀屋さんは、お寺にお墓がある方はそもそも家族葬は出来ませんよと。火葬の際にお坊さんを呼んでお経を上げてもらって初めて、そこのお寺のお墓に入れるんですよと。
お墓の永代使用権を持っていて管理費を払っていても、無料で埋葬出来るわけではないんですね。

姉が義父が亡くなった際の経験から、火葬場にお坊さんを呼んで80万円、お寺で納骨式をして墓石屋さんに穴を掘ってもらって埋葬してもらって更に100万というところかなと。
色々あったり晩年の父の介護費用がやけに高額だったりで母にはお金が無く、姉が今後のために倹約の指導をしている状況で、これは無理だねとなりました。

私は離婚してゆり山姓に戻ったけれど、ゆり山家の墓には絶対に入りたくないと母と姉には言ってありました。
死んで骨になっていようと、父や母と一緒に埋められたら永遠に浮かばれません。
正直、両親ともに亡くなった後あのお墓の管理費を払い続けるのは嫌だなあと思っていました。
私一人なら放置するけど、私が払わなければ姉が払うだろうしそれは悪いし払い続けるしか無いのかなあと。
2年だか3年だか管理費を払わないと遺骨は掘り返されて合同葬に移され、お墓の建っていたスペースはまた売りに出されるという事でした。

生活保護を受けていた叔父が亡くなった時、入院や葬儀、お墓など全て市(?)がやってくれたとかで、お墓の無い人たちが合同で入る所に遺骨を入れてもらったと聞いた事がありました。
なので、「叔父さんが入ったような所がよくない?」と提案したところ、母も姉もそれでいいよねと。
姉が早速ネットで調べて、よさそうな所をピックアップしてくれました。
都内で3万円で追加料金なし、遺骨は他の人と合同、永久供養、郵便局から宅配可。
姉から私に、私から母にその情報を伝えて母も賛成しました。
お墓のあるお寺とはフェードアウトすることにしました。

遺骨合同だと3万ですが、遺骨個人別で5万というプラン、また他に10万以上のプランもありました。
母は高齢で足も悪いので、郵便局からの発送は私が行くよと伝えていました。
でも、息子たちが母の家に行った日があって、「おばあちゃんがなんかじいちゃんの骨の事でお母さんに言う事あるって。もうちょっと足せばいい風に出来るならそっちがいいとかなんとか……。」と言うので、あーこれは5万のプランにしようよって話かな、お姉ちゃんは3万だからここを勧めているんだろうし困ったなと。
困ったのでスルーしていたら、後日「納骨終わったよ。」と。
話というのは郵便局から送るのではなく、1万円払って遺骨を自宅まで引き取りに来てもらうオプションを利用したいというものだったそうです。
5万のプランにしたいって話かと思ったよーと言ったら、「合同で十分。」と。

郵便局から発送するのは避けたかったんだって。郵便局に持っていったらみんな誰だか分かるから(じいさんが)可哀想だと思ったって。
なるほど、お墓に入れてもらえなかったんだ、ちゃんと埋葬してもらえなかったんだ、あそこのお爺ちゃん死んで宅配便で送られた、みたいな……。
自分の家のお墓に納骨する場合でも遺族が出向けなくて送る場合はあると思うのですけどね。
それか、発表してもいないのに死んだ事を知られるのが嫌だって事なのかな?
まあ確かに、全然思い至らなかったけれど、私も前々職で利用していたので実家最寄りの郵便局の窓口の人みんな顔知っています。

こういう感じで、納骨も済みました。葬儀関連は本当に色々大変ですね。
母は、自分もお墓はこういうのでいいと言っていました。
私もこういうのがいいです。ただし両親とは別の所で。まあそういう希望はノートに書いておくとして。

話なが!私話長いですよね、すみません。

スポンサーリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:yuri
50代前半シングルマザー
結婚12年目の2005年にDV、モラ離婚

刀剣乱舞、グラブル、ツイステプレイ中

長男:23歳既卒進路未定
次男:18歳定時制高校卒業

ランキングに参加しています
記事がお気に召しましたら押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ バツイチの暮らしへ
にほんブログ村

広告