FC2ブログ

こういう時どうしたらよかったのかな(婚姻中の事)

私の別れた元夫はとても変わっていて、「人に嫌悪感を与える」事を自分の芸風として常に嫌悪道の高みを目指して練習している人でした(※仕事ではありません)。
人をイラッとさせるつまらない冗談を考えては私に報告したり、憎々しい顔、狂気じみた顔などを鏡の前で練習して、(本人的に)いい顔が出来るとそのまま振り向いて「この顔どう?」と聞いてきたり。
私はそういう人を他に1人も知らなかったし、変わってるなと思いつつ、こういう人なんだなとまあありのままを受け入れて12年も結婚生活を続けて来たのですが(結局病んだけど)。

元夫は変わっている事が好きで、平凡な事が嫌いでした。
家族レジャーとか、親馬鹿とかも嫌っていました。運動会でビデオカメラを構える父親や、クリスマスにサンタの格好をして子供を喜ばせる父親、「ママ」とか「主婦」も馬鹿にしていました。
「クレヨンしんちゃん」の母である「みさえ」を「こういう女ムカツク」といつも悪しざまに言っていました。
男性会社員の事も、「リーマン(笑)」と馬鹿にしていました。
そういう、厨二病ともちょっと似ているような違うような人だったのですけれど。

あるクリスマスも近い日。
そんな元夫がサンタの付け髭をつけて、「やあ、子供達!」と私と息子達の前に現れました。
私は怪訝に思ったけれど、息子達は目を輝かせました。
サンタの扮装の父親を見上げて、ワクワクした表情の息子達に、元夫は性的かつ醜悪なポーズを取り、「メリークリ○リ~~~~ス!!」と叫びました。

……あっ、もしかしてウケましたか?(笑)

息子達は当時3歳と8歳くらい。
「クリト○ス」の意味は当然分からなかったと思います。
ただ、不安げな、失望した様な、困惑した様子で固まっていました。
私はどうしていたか覚えていません。多分、一緒に固まっていたのかな。
元夫がどうしたかも覚えていませんが、多分、私たちの反応が不満で激怒→いつものモラハラ、DVの流れだったんじゃないかな。
元夫は常に酒に酔っていたので、もちろんその時も酔っていました。

元夫が変わっているのはまあ事実として、こういう時、妻は、どういう対応をしたらよかったのかな。
私迄固まった事で、余計息子達も不安になったかも知れない。
私の失望と軽蔑が伝わって、基本的にコンプレックスの強い元夫は余計に「馬鹿にしやがって!」とカッとしたかも知れない。

息子達にまだ下ネタは分からなかっただろうから、「アハハハ、バッカでー!」「キャハハハ、ヤダ~!」という感じで軽く流せばよかったのかな。で、あとから2人になった時に「子供の前で下ネタは駄目だよ~。」と明るく言っておくとか。
それか、有無を言わせぬ毅然とした且つ明るい感じで、「さ~さ、ゴハンにしよっ!」的に話を変えるとか。
いい妻なら、賢い妻なら、もしくは普通の妻なら、こういう時、どうしたのかな……。
(ちなみに元夫は、「メリークリ○リス」が非常にベタでつまらないからこそ、そこが面白いというセンスでやっているのだと思います。嫌な顔をさせる→それに乗じて激怒する、という所迄が一連の流れで想定済みなのです。変わっているでしょ・苦笑。)

今後、こういう場面は2度と無いと思うので(男性と付き合う気も無いし、息子達も今はもう大きいので自分たちで対応すると思う)、考えても仕方無い過去の事なのですが。

冬が近付くと思い出す。
子供ガッカリ、お父さんのサンタクロース。

偶然ですが、長男の理想の父親は「クレヨンしんちゃん」の「ひろし」です。
離婚後、初めて観に行ったしんちゃん映画が終わった後、明りの点いた映画館のシートで珍しく興奮した様子の長男が私に、「こういうお父さんがいいんだよ!」と言ったのです。
本人はもう覚えていないかな。9歳だった。

今は毎年、3人で幸せなクリスマスを過ごしているよ。
幸せが、続きますように。


スポンサーサイト



スポンサーリンク

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Author:yuri
50代前半シングルマザー
結婚12年目の2005年にDV、モラ離婚

刀剣乱舞、グラブル、ツイステプレイ中

長男:23歳既卒進路未定
次男:18歳定時制高校卒業

ランキングに参加しています
記事がお気に召しましたら押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ バツイチの暮らしへ
にほんブログ村

広告