FC2ブログ

双極性障害では?と主治医に聞きました

毎日暑いですね……。
それでも、この2~3日は若干気温がマシなようです。
台風来るのですかね……この土日は仕事です。自転車通勤……。

ここ数記事は同じ話が続いて、メンタルヘルスブログになっているけれど、パソコンのある部屋が暑くてサボっているけれど、書きたい事はたくさんあるのです。
親父の施設入所やケアマネとの対立、長男の就活、次男が2年になってから怠けて来ている件、団地に越して来ての感想、長男のグラブルのハマリっぷりとか。
でも、もう少しだけ精神科通院の事を喋らせて下さい。

前記事の受診から約2週間、いつもの病院へ行って来ました。
まず、血液検査の結果はほぼ基準値(いくつかは若干上や下にはみ出しているけど問題な程ではないみたい)。
抗うつ薬を減薬しての調子や副作用の様子などを報告し。
前回や前々回の断薬時と同様、普段は抑えられる怒りの感情が抑えられない事、衝動的にハサミで自分の髪を切ってしまい後悔している事、長時間寝たい方だったのにここのところなぜか3~4時間睡眠で全然平気な事などを話しました。
「カッとしても抑えないとね~口に出した事は取り消せないからね~」ってよく分かってるって……いつもは抑えてるけど減薬のためか抑えられずに困ってるんだって。

「何年か前から思ってたんですけど、うつじゃなくて双極なんじゃないかなって……双極Ⅱ型?いつまで経っても治らないし、最近姉の息子が双極性障害って診断されて、遺伝性が強いって聞くのでそうかなって……」と言ってみたら、先生、椅子の背もたれにどーんと寄り掛かってニッコリして、「そのケはあるね~!」と……あっ、そう……。

「波が激しいよね~」と言いつつカルテに何か書き込みつつ、「双極性障害に使うお薬飲んでみましょうかー。うつ傾向の方が目立つから、レクサプロ0.5錠は続けましょう。クエチアピン(セロクエル)はナシにしましょう。」と。
「眠りの補助になるお薬いるー?」と聞かれたけど、寝不足感は今は全然無いのでいらないと答えました。
双極の薬としては、リーマスを出すという事でした。

診察が終わって会計を待っていると、また先生が出て来て「ゆり山さん、ちょっと。」と。
診察室に戻ると、「3年前に、それを疑ってリーマス飲んでるんだよね~。だからデパケンにしようと思ったけど、デパケンもその前に飲んでるんだよね~。デパケンは頭痛の副作用が酷くてやめてるんだよね~。」と。
副作用じゃなくて、当時頭痛が酷かったから頭痛対策でデパケンは出ていた気がするけど……。

過去に飲んでいた薬は効果が無かったり副作用で続けられなかったりという事なのか、先生は飲んだ事のある薬は処方しようとしません。
でも、今回は結局、前はごく低用量だったから、今回はもう少し用量を増やしてもう一度飲んでみましょう、と。

「双極性を疑ってお薬を飲んでた事はあるんだよね~」と言っていたけど、そうだっけ……。
以前、「波があるタイプのうつかも知れないね~」とか、「波があるよね」と言われた事があったけど、それがそういう意味だったのかな?
波があるうつって言うからそういううつがあるのかと思っていたけど、双極かもって意味だったの?

抗うつ薬0.5錠を飲んでいながらの現在の状態だから(抗うつ薬を普通の量飲んでいる時はもっと穏やかだった気がするけど)、抗うつ薬自体は減薬のままだから、怒りや衝動にはよく気を付けよう……。

でも、もし私が双極性障害なのだとしたら、原因は長年のうつの治療=抗うつ薬の服用だと思うよ。
うーんけどどうなんだろ……血縁者に発症した人がいるんだし、素因はあったのかな?
双極性障害の発症は若い内が多くて、中年以降に初めて発症するのは抗うつ薬による操転や他の疾患に由来するものってネットには書いてあったけど。
もしかしたら気付かなかっただけで少女期から発症していた可能性もあるけど、私は少女期~若い頃はすごく変人だったので、病気があったとしても変人さに隠れて見えなかったかも知れないな……。
基本は大人しいんだけど、対人とかでも過激な事をしていた事はしていた(電車で遭遇した露出者を更に露出させてさらし者にしたり。それは怒りから来る行動だったと思う)。

よく、メンタルの調子が少しでも悪いと心療内科受診を勧めたりするけど、自殺してしまいそうな状態だったらそれを防ぐためにはとても有効だと思うけど、心の風邪というけど、風邪で受診するように気軽に精神科(心療内科は精神科)を受診するのはリスクもあると私は思うよ。
なぜなら、後戻りする事がとても難しいから。
心療内科(精神科)を受診すれば、最初はほぼ抗不安薬を出されると思うけど、精神科の薬はそれまで経験した事のないような副作用が出たりするし、体質すら変えてしまう事もあるし、こうやって新たな病気を生んでしまう事もある。
そして、向精神薬は飲み始めたら止めるのはなかなか難しいよ。
短期間でさくっと治して卒業して行くならいいと思うのですけどね。
辛くてしんどくて、すがる気持ちで今の病院にかかり始めたけれど、すごく救われたし薬なしで母子家庭の母として働いて来られなかったから他に方法は無かったけど、後悔していないのは、私が自分の健康に無頓着で長く生きたくないと思ってるから。
精神疾患とは別に、薬によって身体が健康でなくなっているのは確かだと思うよ。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Author:yuri
50代前半シングルマザー
結婚12年目の2005年にDV、モラ離婚

刀剣乱舞、グラブル、ツイステプレイ中

長男:23歳既卒進路未定
次男:18歳定時制高校卒業

ランキングに参加しています
記事がお気に召しましたら押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ バツイチの暮らしへ
にほんブログ村

広告