FC2ブログ

精神科通院日

今日は精神科の通院日でした。

はー。
精神科受診ってなんか自分の中の何かが消耗しますよね。
5分診療の病院なのですけれども、長く同じ所に通っているので話す事も無いのですけれども、自分の精神状態とかを僅かでも口に出して他人に伝えるのって何故か疲れる……。
ぐたり。

嗅覚障害の件、精神科その他の薬の副作用の場合もあるとネットで見て、前に主治医からもその可能性を言われた事があったけれどもその時はピンと来なくてスルーしてしまったけれども急に思い出した事があって(匂いがしなくなった時期と薬を飲み始めた時期、薬の種類や量を勘違いしていた)、一応今日聞いてみました。
可能性はあるけど、効きや副作用は一人ひとりほんと違うから、それを試すには薬を変えてみるしかないとの事。
先生が「変えてみる?」と言っているのは抗うつ薬で、私が今回気付いたのは約5年同じ製品を飲み続けている精神安定剤。
素人のネットで拾った情報でそれ以上食い下がるのは気が引け過ぎて、「今の薬で調子がいいので変えたくないです。鼻よりこっちが優先で……。」と答えて、その話は止めにしてしまいました。

最後に「(薬剤の副作用による味覚・嗅覚障害に効果があるらしい)亜鉛のサプリを飲んでみたりとかはいいですか?」と聞いてみたところ、「うーん、亜鉛出す事も出来るけど断定出来ないから……。あくまでも栄養補助のつもりで少なめにね。」との事でした。
うーん、サプリ、どうなのかな……?

副作用の可能性は、耳鼻科の時も聞けたら聞いてみようと思っています。
薬を飲んでいる限りは(もしくはもうずっと)嗅覚が戻らないのだとしたら、無駄な治療、時間、お金になってしまうので耳鼻科通院はやめたいので……。

長男は、2ヵ月程飲んでいた睡眠導入剤が全く効かなかったので止めになり、元の処方に戻りました。
基本、子供に睡眠薬は出したくないと先生は言っていたのですが、異常に朝目覚めないために処方された睡眠導入剤。
よく名前を聞く薬でしたが、長男、飲んでも全く寝ませんでした。

精神科の通院、私は仕事を続けるため、日常生活を続けるため、今は絶対に必要だと思ってまあ頼っているのですが。
長男は、自分の通院をすごーく嫌がっています。
「僕は病気でも障害でもない。僕が病気なら皆病気。手を洗うのもこだわるのも理由があるから。本当に強迫神経症だったら学校の床に置いた物なんか触れる訳無い。あの病院に行くと病気でなくても病気になりそう。」と。
仕事中にコンロの火を止めたか気になって自宅に帰るCMを見て、「強迫神経症でしょ。」と苦笑いしたり。
学校の友人にも精神科に行ってると話すそうなのですが、「えー、そこまで?」と驚かれるよと。
嫌そうに嫌そうに、真面目に通院して真面目に服薬していますけれどね。
でも、小5で通院を始めて、本人も凄く落ち着いたし、私も救われたのは事実です。

ちなみに、薬はもちろん私が管理していますが、精神科の処方薬に興味を示したり欲しがったりする思春期の子というのは多分いるので、万が一薬を欲しがられても、病院の処方薬を他人にあげるのは犯罪だからねと伝えています(特に精神科の多くの薬は麻薬と並べた名の法律がある)。
長男は、「信じられない。物好き過ぎるでしょ。薬なんて。」と吐き捨てていますがまあ、長男は放課後、友人と交流は一切しませんし、そういう感じゼロですけれど、知識として念の為。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Author:yuri
50代前半シングルマザー
結婚12年目の2005年にDV、モラ離婚

刀剣乱舞、グラブル、ツイステプレイ中

長男:23歳既卒進路未定
次男:18歳定時制高校卒業

ランキングに参加しています
記事がお気に召しましたら押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ バツイチの暮らしへ
にほんブログ村

広告